どっちを運用するのが良い?awsとオンプレのメリットを紹介!

ビジネスを行う上で役立つのが情報システムです。この情報システムの運用を行うのに必要なのがインフラの基盤でしょう。そのインフラ基盤の運用方法としてクラウドサービスとオンプレの2種類があります。クラウドサービスの中でも利用者が多いのがawsです。

awsとオンプレでは、どちらを運用するのが良いか分からないという人もいるでしょう。そこで今回はawsとオンプレのメリットを紹介していきます。

「広まって来たawsの活用と運用管理ツールによる安定した運用」

awsは初期費用が安い

オンプレ型の運用を行う場合にはサーバーやネットワーク機器といったハードウェアを購入する必要があります。予算が少ない場合はレンタルするケースもありますが、どちらにしてもコストが高いという問題があります。オンプレ型の場合はソフトウェアの導入も必要になるため、その費用も含めると初期費用は安いとは言えません。

awsではハードウェアやソフトウェアの購入が必要ないというメリットがあります、ハードウェアやソフトウェアの購入が求められていないので、オンプレ型よりもawsの方が初期費用は安いでしょう。予算の少ない人はオンプレ型よりもawsの方が気軽に利用できるのではないでしょうか。

固定費と変動費の違いがある

オンプレ型とawsでは費用の支払い方法でも違いがあります。オンプレ型は固定費タイプになっているので、毎月一定の費用を支払うか、購入時に費用を支払っておくだけで良いという仕組みになっています。定額なので毎月の支出を計算しやすいというメリットが得られます。

毎月のサービスの利用が、それほど変わらないのであればオンプレ型のサービスを利用するのも良いかもしれません。毎月の支出が変動してしまうのが面倒だと感じている人には、オンプレ型の方が適していると言えます。awsの場合は従量課金制を採用しているので、毎月の費用が変動します。

従量課金制なので使えば使うほど、その月の支払額は上がっていきます。反対に使用頻度が低い月の支払額は下がっていくというメリットもあります。そのため時期によってサービスの利用頻度が変わるという企業は従量課金制を導入しているawsの方がお得な可能性が高いです。

繁忙期と閑散期で支払う金額が変わるので、ビジネスにおける経費削減にも繋がるでしょう。お金の無駄遣いを減らしたいと考えている人にとってはオンプレ型よりもawsの利用の方が適していると考えられます。

awsは拡張性の高さも魅力的なポイント

オンプレ型よりもawsの方が優れているポイントは、拡張性が高いところにあります。awsはAmazonが用意しているサービスの種類が豊富にあるため、状況に応じてシステムの拡張を行えます。awsは仮想サーバーを使うことになるので、スペックの拡張も簡単に行えるでしょう。

例えば処理速度の遅さが気になった場合はCPUやメモリの拡張を行ってみるのも良い方法です。ビジネスの成長によって保存スペースの拡張が必要になった場合は、ストラテジーの拡張を行うことも可能になっています。反対にビジネスの縮小によって高いスペックを必要としないケースもあるでしょう。

awsはスペックを上げるだけでなく、スペックを下げることも簡単にできます。そのためオーバースペックによる無駄な出費を減らせるというメリットが得られます。オンプレ型の場合は簡単に拡張することはできないので、状況に応じた柔軟な対応が難しいというデメリットがあります。

スペックの拡張を行うときにも大きなお金が必要になるケースもあるので、オンプレ型は予めスペックの高いハードウェアやソフトウェアの購入が求められるでしょう。

オンプレ型の方が安全性は高い

awsはセキュリティ対策を取っているので、一定の安全性は確保されています。しかし、クラウド上にデータの保存を行っているので、社外への情報漏洩の問題がゼロになるわけではありません。awsを利用する場合には、そのリスクを考慮しておく必要があるでしょう。

awsを利用する場合にはセキュリティ対策の設定も定期的にチェックしておく方が良いと言えます。オンプレ型は社内でシステムを完結させることが可能であるため、機密情報を社外へと漏洩させてしまうリスクが低いと言えます。

機密情報の保護を優先したい人にとってはawsよりもオンプレ型の方が魅力的に見える可能性が高いです。オンプレ型であればセキュリティ対策のカスタマイズが自由に行えるという強みもあります。自分でセキュリティ対策のバージョンアップが行えるので、状況に応じてセキュリティを強化できるのが魅力的なポイントだと言えます。

セキュリティ対策の強化に部外者が関与しないので、awsよりも安全性が高いというメリットがあります。

オンプレ型は既存のシステムとの連携も可能

awsはAmazonが提供しているサービスの中から選択して、構築や運用の作業を進めていく必要があります。Amazonが提供しているものだけで構築や運用を進めていくことになるので、既存のシステムが適用されないというデメリットが生じてしまいます。

既存のシステムも有効活用したいと考えているのであれば、オンプレ型を利用するのが良い方法だと考えられます。オンプレ型は既存のシステムとの連携が可能であるという強みを持っています。既存のシステムとの連携を考慮した上で新たなシステムを構築させることも可能であるため、既存のシステムを無駄にしてしまうケースもなくなります。

awsはAmazonのタイミングでメンテナンスが入る

awsはAmazonが提供しているサービスを利用していくことになるので、メンテナンスはAmazonのタイミングで行われます。ビジネスの作業中にメンテナンスが入ることもあるので、自分の都合でメンテナンスの日程を変えられないというデメリットがあります。

ビジネスの状況に応じて自分でメンテナンスの日程を決めたいという場合はawsよりもオンプレ型を利用する方が良いかもしれません。またawsを利用している場合はAmazon側の不具合が発生した場合に、自分で何の対応も取れないというデメリットもあります。

Amazon側が不具合を修正するまでは何の作業も進められないので、その分のビジネスが滞ってしまいます。オンプレ型の場合は天災や障害に対する対応を自社で行う必要があります。緊急時の対応ができる人材を確保できていれば問題はないため、優秀な人材を持っている企業はオンプレ型を利用するのが良いでしょう。

awsにもオンプレにも良い部分と悪い部分がある

awsにもオンプレにも良い部分と悪い部分があります。

awsとオンプレのどちらを運用するのかは、自分が何を優先的に考えるかが基準になるでしょう。例えば初期費用の安さを優先的に考えるのであれば、オンプレ型を利用するよりもawsを利用するのが良いと言えます。

安全性を重視する場合はオンプレ型が良いでしょう。このように何を優先するかを考えて自分にとって有益になる方を選ぶのがおすすめです。